スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前川伶早&有森也実「完全なる飼育」最新作で濃厚な体当たり演技

  



 [映画.com ニュース]アブノーマルな男女の愛を描いた人気シリーズ「完全なる飼育」の最新作「TAP 完全なる飼育」で若手女優・前川伶早が銀幕デビューを主演で飾り、母親役の有森也実とともに濃厚な体当たり演技に挑んでいることがわかった。



 松田美智子氏が実際に起こった事件を取材し、執筆したドキュメント小説を映画化した「完全なる飼育」は、今作で8作目となる。灼熱の沖縄を舞台に、中年のヤクザが若頭の愛人の娘にほれ込み誘拐・監禁するという設定。若松孝二監督や井筒和幸監督らの作品で助監督を務め、2011年に「アジアの純真」がロッテルダム国際映画祭で物議をかもした片嶋一貴監督がメガホンをとった。

 前川を大抜てきした片嶋監督は、起用理由を「辛い現場でも、この子はへこたれなさそうだなと思った」と説明。シリーズを象徴する監禁シーンに臨んだ前川は、「ずっと縛られていて……、ロープの痛みももちろんありましたが、必死すぎて覚えていません。まさに撮影現場に監禁された状態でした」と振り返る。大胆なラブシーンについても、「そのシーンの撮影が近づくにつれて緊張や躊躇する気持ちが大きくなってしまって。でも、最後には『初めからわかっていたんだから!』と覚悟を決めました」と語り、全てをさらけ出した撮影当時に思いを馳せる。

 「東京ラブストーリー」「最高の片思い」など、数多くのテレビドラマに出演し演技の幅を広げてきた有森は、片嶋監督とこれまでに「小森生活向上クラブ」「たとえば檸檬」でタッグを組んでおり、今作で3度目の顔合わせとなる。それだけに、「監督との信頼関係がなければ成立しない作品」と語っており、「やっとこういう役ができるようになったんだなって。今までこういう話が来なかったのが不思議なくらいです。女優として、葛藤は何もありませんでした」とコメントを寄せている。

 同シリーズはアジアをはじめとする海外でも人気で、今作もすでに香港、マカオ、韓国、タイ、ミャンマー、ラオス、カンボジアでの公開が決定している。なお、監禁する男を西沢仁太が演じるほか、麿赤児、竹中直人、千原せいじらが脇を固めている。

 「TAP 完全なる飼育」は、11月9日から109シネマズほか全国で公開。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130718-00000003-eiga-movi
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


  




ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

フリーエリア

ページトップへ
プロメテウス(古典ギリシア語:Προμηθεύς)は、ギリシア神話に登場する神で、ティーターンの1柱。エピメーテウスの兄である。その名は、pro(先に、前に)+metheus(考える者)で、「先見の明を持つ者」「熟慮する者」の意である。一説によると、人間を創造したのはプロメーテウスだったという。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。