スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<道頓堀川>ドブ川じゃない 水門活用が効果 水都復活へ、魚も戻る

 



 大阪・ミナミを流れる道頓堀川の水質が改善し、アユなど在来魚が戻りつつある。道頓堀川はかつて、悪臭が漂うドブ川の象徴だったが、工場排水の規制などに加え、水門操作が功を奏した。水都復活を目指す市は、道頓堀川に流入する周辺の川のうち、水質のより良い水を取り込むよう、さらに水門操作の研究などを重ねている。【重石岳史】

 市によると、道頓堀川は、水の汚れを表す生物化学的酸素要求量(BOD)が昨年4〜9月の速報値の平均が1リットル中1・8ミリグラムで、浄水場が水道用に取水できる基準の2ミリグラム以下になった。ただ、大腸菌が多く、まだ水道水としては使えない。

 道頓堀川のBOD値は1960年代に30ミリグラム以上と深刻だったが、昨年9月の速報値は0・9ミリグラム。市が「きれいな水質の指標種」に指定するコイ科のコウライモロコが確認され、2011年の市魚類調査で遡上(そじょう)したアユも見つかった。

 水質向上へ市が取り組んできたのが干満差を利用した水門操作だ。道頓堀川上流の東横堀川には、大阪湾に注ぐ淀川水系の大川と大阪府東部の住宅街を流れる寝屋川が流入する。水門操作の狙いは、BOD値が高い寝屋川ではなく、大川の水を多く取り込むことだ。

 水量の少ない寝屋川は、上げ潮時には上流に押し戻されて流れ込みにくいが、下げ潮時には流入する。市は東横堀川の水門の開門を上げ潮時に限り、大川の水だけを取り込む。

 道頓堀川は国内外の観光客に人気のスポット。市は観光拠点の柱と位置づけ、水質だけでなく、戎橋周辺の両岸に遊歩道「とんぼりリバーウォーク」を設けるなど周辺整備を進める。地元企業なども来年夏のオープンを目指し、道頓堀川に全長800メートルのプールを浮かべる計画を進める。

 一方、道頓堀川を含めて市内を流れる13河川のBOD値の平均も12年で1・5ミリグラム。「日常生活で不快感を生じる」レベルの11・1ミリグラムだった1971年から大幅に改善した。5年ごとの市魚類調査では、91年度に35種だった在来種が2011年度に過去最多の41種に増えた。

 市環境局は今月、道頓堀川などの底に暮らす微生物を採取し、川の水質を本格的に調べる。担当者は「名実ともに『水都』復活につながる取り組みを強化し、水辺のにぎわいを創り出したい」と話している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140121-00000002-maiall-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

パソコンを使ってわずか3日で8万円を繰り返し手に入れた方法



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

フリーエリア

ページトップへ
プロメテウス(古典ギリシア語:Προμηθεύς)は、ギリシア神話に登場する神で、ティーターンの1柱。エピメーテウスの兄である。その名は、pro(先に、前に)+metheus(考える者)で、「先見の明を持つ者」「熟慮する者」の意である。一説によると、人間を創造したのはプロメーテウスだったという。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。